自分にあった歯医者|口コミ情報を参考にしよう!

歯科

清潔な口内を保つ

治療台

歯についた汚れを落とすには、ブラッシングを行う必要があります。汚れが溜まってしまうと、菌が繁殖してしまい、虫歯や歯周病トラブルを起こしてしまう可能性があります。また、口臭の原因にも繋がります。口内を清潔に保つには、丁寧にケアをしておいた方が良いでしょう。ブラッシングをすることで、汚れを落とすことができます。ですが、ブラッシングだけでは、歯と歯の間のケアがしっかりされていません。そのため、綺麗に磨いているつもりでも、十分なケアを行えていないため、口内トラブルを起こしてしまいます。磨きにくいところまでしっかり手入れするには、デンタルフロスを使うと良いでしょう。デンタルフロスは、歯と歯の間の磨きにくい箇所を手入れすることができます。ブラッシングだと、汚れは58%くらいしか落ちていません。しかし、デンタルフロスであれば86%の汚れを落とすことができます。

デンタルフロスには、糸巻きタイプとホルダータイプのものに分けられています。初めて使用するという方は、ホルダータイプのものを選ぶと良いでしょう。ホルダータイプのデンタルフロスを使う際は、前方部分を持つことが大切です。後方部分だと、動きが大きくなってしまい、歯茎を傷つけてしまいます。また、歯と歯の間に当てた後は、ゆっくり入れて横に動かしながら手入れすると、綺麗に汚れを取ることができます。汚れを除去してくれるデンタルフロスは、寝る前のブラッシングに使用すると良いでしょう。